スーツクリーニングにおけるドライ加工と水洗いの違い

By | 2018年1月16日

q17

貴方たちはクリーニングにおける水洗いドライ加工の相違するところについてをきちっと言いあらわすというのが行なえますか?

間違いなくクリーニング店に洋服を持ち合わせて出かけた際に「水洗いとドライのいずれにしようと思いますか?」と言われて、この違いが解らずに困惑してしまったことを経験する人も多いじゃないでしょうか?

その他にはあとの2つのに加えて、2つの良いパーツを合体した「水洗いケア」と言われるプロフェショナルな事を知識があるではありませんか?

今日は水洗いとドライ加工の各々のプラス面とマイナス面、水洗いケアと聞きます洗濯の技能に際して説明を加えて行こうと考えています。

 

水洗いっていったい何?

水洗いは水と洗剤を使用して洗濯してしまう庶民的な洗浄し方で、クリーニング店だけではなくいつも家でもやっているすすぎ方ということです。

水を使うことによりきれいにするため、ドライケアであったら取り去りづらい水溶性のしみ(汗に影響を受けるシミや衣装にくっついたライトな汚れとか)を減少する洗濯技法となっている。

しかしもちろんマイナスポイントもあって、水洗いだったら型イカれやシワ、あるいは色落ちが発生する原因に考えられるのが欠点だったりする。

家で洗濯するケースにビックリするくらい色落ちしてしまいまして、あれ以来この衣装を着れ無くなってしまいましたとなってしまうこともいらっしゃると思われます。

 

ドライ加工っていったい何?

ドライケアは型こわれや委縮が働きづらいことこそがウリだということです。

そのわけはさっきご紹介した「オーガニック溶剤」に在って、このせいで衣装をいためることもなく汚れや油性のお掃除することこそが実現してしまいます。

余談ですがドライケアは、汗などといったシミや臭気を低減させることができなく、キレイにしたのちのちドライケア固有の臭気がするみたいなのが泣きどころと考えます。

原則的にドライケアは衣装のトラブルを食い止めるというポイントで秀逸な洗い方で、「しみをピカピカにする」という意味では水洗いの方が素晴らしいです。

 

水洗いケアという方法もあります

2つのすすぎ方のメリットとデメリットを紹介実行しましたが、汗に限らず口紅とかコスメティックの油性のシミもついてしまいましたとか、いずれかひとつの方法で乗り越えられる実態は少数だったりするでしょう。

そのようなとき、水洗いとドライケア両方のアプローチでもきれいにすることのできる衣装についてはこの双方にカバーできますが、一般的に洗濯絵ラベルで水洗い利用禁止となっているスーツといった衣装も、何はともあれやり口を考慮すればドライケアと水洗いのどちらもにチャレンジすることのできるのであります。

その結果、シミや臭気を落としつつ油性のシミもしっかりふき取り、さらには型こわれも最少に押し止めるように頑張る洗い方がございますから、意外と「水洗いケア」 とされるコツに繋がると言えるのです。

余談ですがショップが変わればネーミングが若干は変更され、 「ウェットケア」や「汗カットケア」あるいは「ウェットケア」というふうにも称されたりするものです。

ドライケアと水洗いの双方のメリットを合体させたスタイルに転じて、型こわれを防止しながら汗のシミや臭気も取り去れる評判のメニューと考えます。